xID blog

マイナンバーカードに特化したデジタルIDソリューション「xID(クロスアイディ)」を提…

xID blog

マイナンバーカードに特化したデジタルIDソリューション「xID(クロスアイディ)」を提供するGovtech企業、xID株式会社の公式note「xID blog」です。「xID」「xID API」「SmartPOST」の導入事例やインタビュー、採用情報など発信します。

マガジン

  • 事例紹介

    xIDが提供するサービスの導入事例をご紹介します。

  • xIDソリューション

    デジタルID「xID」を活用したサービスで、自治体や民間事業のDXを推進します。ここでは「xID」や「SmartPOST」を活用したサービスの概要や導入事例、利用者の声などをお届けします。

  • CEO blog

    xID代表取締役CEO 日下の連載や寄稿を掲載しております。

  • xIDの働き方

    xIDはフルリモートワークのため、自宅や民間ワークスペース、カフェなど自分の好きな場所で仕事をしています。そんなxIDメンバーの働き方や社内の雰囲気などをお伝えします。

リンク

ウィジェット

事例紹介

xIDが提供するサービスの導入事例をご紹介します。

くわしく見る
  • 8本

【対談企画】自治体と住民の双方の負を解消。誰でも簡単にオンラインで施設予約ができる未来へ~マイナンバーカードを活用し公共施設予約をオンライン化

はじめに2024年1月、マイナンバーカードの申請枚数がおよそ9800万枚(※1)となり、運転免許証の保有者数(※2)を超え、次のフェーズであるマイナンバーカードの”利活用”に注目が集まっています。いま全国の自治体では、マイナンバーカードはどのような使われ方がされているのか。 今回はマイナンバーカードと連携した公共施設予約管理にフォーカスし、公共施設予約管理システムを提供しているスペースマーケット社(以下スペースマーケット)の高尾友喜氏と、xID社(クロスアイディ)の施設予約

スキ
29

【京都府京丹後市インタビュー】「xID」を活用し、完全オンラインの施設予約システムで住民の利便性向上へ

はじめに2023年12月時点で、マイナンバーカードの申請は約9800万枚に達し(※1)、これは運転免許証の保有者数(※2)を上回っています。このため、ますます注目を集めているのが、次なるフェーズであるマイナンバーカードの利活用です。全国の自治体では、具体的にどのようにマイナンバーカードが活用されているのでしょうか。 今回は、京都府京丹後市が近畿地方で初めて導入する「xID」と連携した施設予約システム」(※3)に焦点を当て、京丹後市役所デジタル課の上羽課長に、マイナンバーカード

スキ
30

【対談企画】より多くの人に読書に触れる機会を届けたい〜マイナンバーカードを活用したDX化で変わる電子図書館〜

2023年11月、マイナンバーカードの申請枚数がおよそ9800万枚(※1)となり、運転免許証の保有者数(※2)を超え、次のフェーズであるマイナンバーカードの利活用に注目が集まっています。いま全国の自治体では、マイナンバーカードはどのような使われ方がされているのか。 今回は福島県昭和村において、全国で初めて導入された”マイナンバーカードと連携した電子図書館”にスポットをあて、昭和村への電子図書館導入をはじめ、電子図書館事業を担当するメディアドゥ社の鹿室氏、導入の現場をよく知るx

スキ
37

xIDオンラインセミナーレポート「令和4年度補正予算”デジ田”の振り返りとこれからのマイナンバーカード利活用施策について」

2023年5月末時点でマイナンバーカードの交付枚数は70%(※1)を突破し、マイナンバーカードの普及の先にある、「利活用」がより一層重要となっています。 また国の2022年度第2次補正予算「デジタル田園都市国家構想交付金デジタル実装タイプ」(以下デジ田交付金)に採択された事業を見ると、2023年は全国でマイナンバーカードの利活用がはじまることが予想されます。 そこで今回は、2023年5月30日にxID(クロスアイディ)が主催したオンラインセミナー「令和4年度補正予算”デジ田”

スキ
27

xIDソリューション

デジタルID「xID」を活用したサービスで、自治体や民間事業のDXを推進します。ここでは「xID」や「SmartPOST」を活用したサービスの概要や導入事例、利用者の声などをお届けします。

くわしく見る
  • 9本

自治体から住民へのデジタル通知にも使える「xID」

SmartPOSTで自治体の郵送DXと住民の利便性向上へ2023年12月、総務省は郵便料金の値上げを検討する方針を発表し、実現すれば2024年秋以降に改定される見通しです。(※)これにより、郵送を頻繁に利用する事業者や自治体などは、今まで以上に郵便コストに憂慮することになるでしょう。 特に自治体は「自治体DX」の名のもと、行政手続きのデジタル化を進めている最中ですが、現時点では自治体から住民に対して個別に実施されるコミュニケーションは郵送と電話が中心となっています。これらの住

スキ
19

自治体の施設予約システムにも活用できる「xID」

施設予約システムのメリットやxID連携の背景、導入自治体をご紹介 2020年の新型コロナウイルスの感染拡大以降は、完全オンラインによる施設予約システムの需要は増加しており、スポーツ施設や文化施設などの公共施設を管理運営する自治体も例外ではありません。(※1)近年は、マイナンバーカードの普及と相まり、マイナンバーカードの公的個人認証(※2)を活用し、より利便性を追求した施設予約システムが登場しています。 本記事では、「xID」(クロスアイディ)と連携した施設予約システムの概要

スキ
36

「SmartPOST」ロゴデザインリニューアルにかける想い

ロゴデザインのリニューアルの背景と目的 2022年9月にリリースされた、自治体向けの郵送DXサービス「SmartPOST」。 xID(クロスアイディ))が提供するデジタルID「xIDアプリ」と連携して、自治体からの「大切なお知らせ」をスマホへ届けることができる「SmartPOST」は、これまでにないサービスとして全国のさまざまな自治体で導入され、現在無償トライアル申込み自治体数は、250自治体(2023年5月9日時点)を突破しています。 「SmartPOST」はリリース当初よ

スキ
60

給付金事業に使える「xID」~現金やキャッシュレスポイント、地域クーポン給付に「SmartPOST」を活用

2020年のコロナ給付金以降、全国の自治体で、現金やキャッシュレスポイント、地域クーポンといった給付金事業が実施されています。 xIDでは、いくつかの自治体と連携して給付金事業を実施しており、給付金事業の課題に対応したサービスを提供しています。 そこで本記事では、自治体の給付事業についての課題やデジタルID「xID」・自治体向け郵送DXサービス「SmartPOST」を活用した解決策、実際の事例・ユースケースをご紹介します。 「xID」の詳細はこちら▼ 「SmartPOS

スキ
51

CEO blog

xID代表取締役CEO 日下の連載や寄稿を掲載しております。

くわしく見る
  • 11本

【動画付】xIDオンラインセミナーレポート「マイナンバーカード活用期における、民間デジタルIDの役割と重要性 マイナンバーカードの課題と政府・業界動向の正しい理解を深める」

2023年6月29日㈭にxID(クロスアイディ)が主催したオンラインセミナー「マイナンバーカード活用期における、民間デジタルIDの役割と重要性 マイナンバーカードの課題と政府・業界動向の正しい理解を深める」を開催いたしました。 200名を超える皆様にお申し込みいただき、盛況に終わった本セミナーでは、マイナンバーカードと連携したデジタルIDアプリを提供するパイオニアとして全国の自治体で培ったマイナンバーカード利活用の経験やノウハウ、ユースケースを含めて、自治体・事業者の皆様にお

スキ
40

【CEO blog 】〜金融編〜第1回「金融DXの鍵:デジタル行政基盤」

政府が本人確認をマイナンバーカードに一本化する方針を打ち出し、金融業界とマイナンバーカードの関連性はますます強くなっています。本連載では、マイナンバーカードと連携したデジタルIDを金融業界で活用することで、何が生まれるのか、何が可能になるのか、他国の事例も交えながら記述しています。 第1回「金融DXの鍵:デジタル行政基盤」 第1回目となる今回は、金融DXの基盤となるデジタルIDついて、私が2020年まで居住していたエストニア共和国での国民IDカード(eIDカード※1)・デ

スキ
69

【CEO blog 】〜金融編〜第2回「デジタルIDとデータ連携基盤」

政府が本人確認をマイナンバーカードに一本化する方針を打ち出し、金融業界とマイナンバーカードの関連性はますます強くなっています。 本連載では、マイナンバーカードと連携したデジタルIDを金融業界で活用することで、何が生まれるのか、何が可能になるのか、他国の事例も交えながら記述しています。 ※〜金融編〜第1回「金融DXの鍵:デジタル行政基盤」の記事はこちら▼ 第2回「デジタルIDとデータ連携基盤」 本連載の第1回目では、日本のデジタル行政において重要な位置を占めるマイナンバー

スキ
57

【CEO blog 】〜金融編〜第3回「マイナンバーは使い物にならない?」

2023年6月に政府が「デジタル社会の実現に向けた重点計画」(※)においてマイナンバーカードのサービス拡充や理解促進を打ち出した中で、本人確認をマイナンバーカードに一本化する方針も盛り込まれ、金融業界とマイナンバーカードの関連性はますます強くなっています。 本連載では、マイナンバーカードと連携したデジタルIDを金融業界で活用することで、何が生まれるのか、何が可能になるのか、他国の事例も交えながら記述しています。 ※参考…デジタル庁「デジタル社会の実現に向けた重点計画」 第

スキ
47

xIDの働き方

xIDはフルリモートワークのため、自宅や民間ワークスペース、カフェなど自分の好きな場所で仕事をしています。そんなxIDメンバーの働き方や社内の雰囲気などをお伝えします。

くわしく見る
  • 3本

【第1回社内インタビュー】xIDでの広報活動を通して知ったこと

この度、xIDのことを広く皆さんに知っていただくため、『xID blog』を開設いたしました。xIDのプロダクトのこと、社員のことなどなど、様々な情報を発信してまいりますので、どうぞお付き合いください。 さて第一回目の今回はxIDの広報チームメンバーのインタビュー記事です。 xID社員Profile 入社のきっかけについて 私がxIDに入社したのは2022年8月のことです。 前職でも今と同様に広報を担当していたのですが、社外秘情報が多く、なかなか外部への情報発信ができな

スキ
39

【第2回社員インタビュー】ベンチャー企業ならではのバックオフィス業務の大変さとやりがいとは

皆さまこんにちは。 本日はxIDの要といっても過言ではない経営管理チームのマネージャーにインタビューをさせていただきました。 入社のきっかけやバックオフィスならではの仕事の進め方からお休みの日の過ごし方までじっくりお話していただきました。 xID社員Profile 多岐にわたるxIDのバックオフィス業務ー経営管理チーム(通称:Back officeチーム)のマネージャーとして、xIDのバックオフィス業務を全て担当されていますが、具体的な業務について教えてください。ー x

スキ
44

xIDを支えるBack officeチームの1日に密着!〜リモートワークと出社を組み合わせたハイブリッドな働き方とは

こんにちは!xID(クロスアイディ)広報チームの桃井です。 今回は前回のBack officeチームへのインタビューに続いて、『Back officeチームに1日密着記事』をお届けします! xIDは基本的にフルリモートでの勤務が認められていますが、Back officeチームは押印など出社をしなければ対応できない業務も多いため、週1程度出社をするハイブリット勤務制をとっています。 今回はBack Officeチームのマネージャーの出社日とリモートの1日にそれぞれ密着しました!

スキ
59