xID blog

マイナンバーカード・デジタルIDを活用した自治体や企業の課題解決・新規事業創出を総合的…

xID blog

マイナンバーカード・デジタルIDを活用した自治体や企業の課題解決・新規事業創出を総合的に支援するGovtechスタートアップ、xID(クロスアイディ)株式会社の公式note「xID blog」です。「xID」「xID API」「SmartPOST」関連情報や採用情報を発信します。

マガジン

  • xIDによるマイナンバーカード解説

    xIDblog編集部によるマイナンバーカードの概要や機能、事例の解説記事を掲載しています。

  • CEO blog

    xID代表取締役CEO 日下の連載や寄稿を掲載しております。

  • 事例紹介

    xIDが提供するサービスの導入事例をご紹介します。

  • xIDソリューション

    デジタルID「xID」を活用したサービスで、自治体や民間事業のDXを推進します。ここでは「xID」や「SmartPOST」を活用したサービスの概要や導入事例、利用者の声などをお届けします。

  • xIDの働き方

    xIDはフルリモートワークのため、自宅や民間ワークスペース、カフェなど自分の好きな場所で仕事をしています。そんなxIDメンバーの働き方や社内の雰囲気などをお伝えします。

リンク

ウィジェット

最近の記事

マイナンバーカードを活用したeKYCとは?公的個人認証サービス導入を検討している担当者は押さえておきたいオンライン本人確認について解説

デジタル技術が日常生活のあらゆる面に浸透するDX(デジタルトランスフォーメーション)時代において、オンライン上での本人確認は不可欠な要素となっています。特に、金融機関や通信事業者、eコマースなど、個人情報を扱うサービスにとって、ユーザーが「本人であること」を確実に確認することは、サービスの根幹に関わる重要な課題です。 この課題を解決するのが「eKYC」です。 eKYCとは、従来の対面や郵送による本人確認に代わり、デジタル環境で迅速かつ安全に本人確認を行う仕組みです。本コラム

    • 公的個人認証サービス(JPKI)ってなに?マイナンバーカードを活用した本人確認(KYC)について解説

      マイナンバーカードの普及に比例して、行政手続きや金融機関サービスにおける本人確認に、公的個人認証サービス(JPKI:Japanese Public Key Infrastructureの略称)を活用する動きが加速しています。公的個人認証サービスを利用することで、利用者は素早く安全に本人確認を行い各種手続きをすることができます。 行政や金融サービスはもちろんですが、2024年6月に、非対面の携帯電話契約時にマイナンバーカードの公的個人認証サービスを活用した本人確認が必須となり

      • xIDオンラインセミナー『デジタル庁の「デジタル認証アプリ」の登場で変わる、今後のマイナンバーカード活用〜民間デジタルIDの役割と官民共創の重要性〜』開催のお知らせ

        2024年7月時点で、マイナンバーカードの累計交付枚数はついに1億枚を突破しました。 さらに2024年6月には、マイナンバーカードを使った認証や署名ができる「デジタル認証アプリ」がデジタル庁からリリースされ、マイナンバーカードを官民双方で利活用する環境整備が急速に進んでいます。 当社は黎明期よりいち早く、マイナンバーカードに特化したデジタルIDアプリ「xID」の提供を開始し、自治体やパートナー企業とのマイナンバーカード活用による課題解決に取り組んできており、これまで全国40

        • マイナンバーカードとは?今さら聞けないマイナンバーカードの概要や経緯、利活用シーンを解説

          現在、行政機関や民間企業でマイナンバーカードの活用が進んでいます。行政では、電子申請や施設予約などの行政サービスにおいて、また民間では金融機関を中心に、口座開設時の本人確認にマイナンバーカードの公的個人認証サービス(JPKI)が利用され始めています。政府も「本人確認におけるマイナンバーカードの一本化」の方針(※)を示しているため、今後ますますマイナンバーカードの公的個人認証サービスの活用が増えることが予想されます。そこで今回は、マイナンバーカードによる本人確認を導入しようと検

        マイナンバーカードを活用したeKYCとは?公的個人認証サービス導入を検討している担当者は押さえておきたいオンライン本人確認について解説

        • 公的個人認証サービス(JPKI)ってなに?マイナンバーカードを活用した本人確認(KYC)について解説

        • xIDオンラインセミナー『デジタル庁の「デジタル認証アプリ」の登場で変わる、今後のマイナンバーカード活用〜民間デジタルIDの役割と官民共創の重要性〜』開催のお知らせ

        • マイナンバーカードとは?今さら聞けないマイナンバーカードの概要や経緯、利活用シーンを解説

        マガジン

        • xIDによるマイナンバーカード解説
          7本
        • CEO blog
          12本
        • 事例紹介
          8本
        • xIDソリューション
          9本
        • xIDの働き方
          3本

        記事

          マイナンバーカード関連事業の担当者なら押さえておきたい「新マイナンバーカード」の特徴と公的個人認証サービス(JPKI)導入時の3つの検討ポイント~マイナンバーカードとデジタルIDの融合が切り拓くフィンテックの世界③~

          はじめに2024年5月、iOSスマホヘのマイナンバーカード機能搭載(※1)や携帯契約時にマイナンバーカードが必須になるなど(※2)大きなニュースになりました。さらに2026年には新しいデザインと機能を備えた「新マイナンバーカード」が導入されることが決まっており、企業や自治体のマイナンバーカード関連事業の担当者にとっては大きな関心事になっているかと思います。 本記事では、マイナンバーカード関連事業の担当者が押さえておくべき新しいマイナンバーカードの特徴を解説し、公的個人認証

          マイナンバーカード関連事業の担当者なら押さえておきたい「新マイナンバーカード」の特徴と公的個人認証サービス(JPKI)導入時の3つの検討ポイント~マイナンバーカードとデジタルIDの融合が切り拓くフィンテックの世界③~

          金融機関でのマイナンバーカード活用の課題と海外での国民IDカード利活用事例~マイナンバーカードとデジタルIDの融合が切り拓くフィンテックの世界②~

          前回の記事ではマイナンバーカードの概要や公的個人認証サービスの特徴やメリットの解説をしました。今回は実際に事業に活用するにあたり、すでに利活用が進んでいる金融機関はどのような課題に直面するのか、その対策や海外での国民IDカード活用事例についてお話します。 金融機関におけるマイナンバーカード活用の現状既に日本の一部金融機関では、マイナンバーカードの公的個人認証サービスを利用した、犯罪収益移転防止法に基づくオンライン本人確認が始まっています。しかしながら、先行して採用しているネ

          金融機関でのマイナンバーカード活用の課題と海外での国民IDカード利活用事例~マイナンバーカードとデジタルIDの融合が切り拓くフィンテックの世界②~

          公的個人認証サービス(JPKI)を活用したフィンテックサービス~マイナンバーカードとデジタルIDの融合が切り拓くフィンテックの世界①~

          はじめに2016年1月に、マイナンバー制度と共に発行が始まった「マイナンバーカード」。2024年4月(※)には1億枚の申請率を達成し、ついに運転免許証を超えて、日本で最も一般的な公的身分証となりました。本人確認書類として利用する以外にも、オンライン上で安全かつ確実に本人であることを証明できるため、公共行政のさまざまな分野で活用することができるのですが、その利便性や重要性は、国民や企業にとってまだ正確に理解されていない状況です。 そこで本連載では、「マイナンバーカードがもたら

          公的個人認証サービス(JPKI)を活用したフィンテックサービス~マイナンバーカードとデジタルIDの融合が切り拓くフィンテックの世界①~

          連載第7回《今年を「デジタル通知元年」にしなければならないこれだけの理由》

          本記事は、自治体通信Onlineにて連載していたxID(クロスアイディ)株式会社公共事業部 部長 加藤俊介の連載「自治体DXを本気で考えている職員さんに読んで欲しい話」をベースとした記事です。 執筆者:加藤俊介 xID株式会社公共事業部 部長 公共政策学修士。静岡県庁職員として実務経験後、デロイトトーマツにて自治体向けコンサルティングに多数従事。自治体マネジメントに関わる分野を専門とし、計画策定、行政改革、BPR等に加えシェアリングエコノミーなど新領域開拓も経験。xID参加

          連載第7回《今年を「デジタル通知元年」にしなければならないこれだけの理由》

          Society 5.0ってなに?

          「Society 5.0」というワードをご存じでしょうか。行政のデジタル化やAIなどに興味がある方は聞いたことがあるかもしれません。Society 5.0とは、「仮想空間」と「現実空間」の融合によって、新たな価値を生み出す社会を意味します。実は2016年というかなり前の段階から、政府はSociety 5.0を提唱していました。それから数年たった現在において、行政のデジタル化や規制緩和が強力に推し進められています。この記事では、このような状況を踏まえて、改めて「Society

          Society 5.0ってなに?

          xIDによるインターネット投票の取組事例まとめ

          xIDはこれまでインターネット投票に関する取り組みを各自治体と連携しながら推進してきました。本記事では、各自治体でxIDが取り組んできたインターネット投票に関する取り組みとその内容をご紹介します。 インターネット投票とは「インターネット投票(以下、ネット投票)」とはスマートフォンなどのデジタル端末を介し、インターネット上で投票を行うことです。投票所から離れた場所に住む人や、学業や仕事などの都合で投票所に行くことが難しい人が多くいる中で、投票期間のいつでも、どこでも手軽に投票

          xIDによるインターネット投票の取組事例まとめ

          総務省「自治体の行政手続のオンライン化に係る手順書」を徹底解説!

          総務省は、2021年7月に「自治体DX推進手順書」を公開しました。手順書は、「自治体DX推進手順書の概要」、「自治体DX全体手順書」、「自治体情報システムの標準化・共通化に係る手順書」、「自治体の行政手続のオンライン化に係る手順書」、「参考事例集」で構成されています。それぞれに特徴があり、自治体DXを推進する上で重要な情報が記載されています。この記事では、「自治体の行政手続のオンライン化に係る手順書」について解説します。 自治体DX推進手順書との関係「自治体の行政手続のオン

          総務省「自治体の行政手続のオンライン化に係る手順書」を徹底解説!

          Govtech Meet up〜官民そろそろぶっちゃけナイト〜イベントレポート

          一般社団法人Govtech(ガブテック※)協会とアマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社主催で開催された「Govtech Meetup~官民共創そろそろぶっちゃけナイト~」。本イベントは、自治体DXや公共サービスのデジタル化に取り組む自治体職員や、スタートアップ企業、企業担当者に向け、新しい官民連携のあり方を考える場を提供する目的で、2023年6月30日㈮に開催されました。 今回は、イベントの中からGovtech協会代表理事の日下のオープニングトークと、各登壇者のパネルデ

          Govtech Meet up〜官民そろそろぶっちゃけナイト〜イベントレポート

          「マイナちゃんピオンシップ・かがわ2022ファイナリスト最終プレゼンテーション大会」レポート

          はじめにマイナンバーカードが持つ本人確認・認証機能をデジタル社会の基盤として徹底的に利活用し、行政サービスだけでなく民間ビジネスの様々な局面での利用を進めるため、香川県及び県内全17市町を主催として、2022年12月19日(月)、香川県高松市にて「マイナちゃんピオンシップ・かがわ2022ファイナリスト最終プレゼンテーション大会」が開催されました。ファイナリスト最終プレゼンテーション大会は、”そうだ!マイナンバーカードを取得しよう”Tシャツを着た香川県副知事(CDO)の西原氏

          「マイナちゃんピオンシップ・かがわ2022ファイナリスト最終プレゼンテーション大会」レポート

          連載第6回《申請枚数急上昇の、その後は!?》マイナンバーカードは「オンライン上での公共空間形成」に不可欠

          本記事は、自治体通信Onlineにて連載していたxID(クロスアイディ)株式会社公共事業部 部長 加藤俊介の連載「自治体DXを本気で考えている職員さんに読んで欲しい話」をベースとした記事です。 執筆者:加藤俊介 xID株式会社公共事業部 部長 公共政策学修士。静岡県庁職員として実務経験後、デロイトトーマツにて自治体向けコンサルティングに多数従事。自治体マネジメントに関わる分野を専門とし、計画策定、行政改革、BPR等に加えシェアリングエコノミーなど新領域開拓も経験。xID参加

          連載第6回《申請枚数急上昇の、その後は!?》マイナンバーカードは「オンライン上での公共空間形成」に不可欠

          ウェビナー「デジタルが導く地方創生の未来」レポート

          本セミナーは、2022年11月、エバンジェリストの林 雅之氏をモデレーターとして、New Stories代表・Code for Japan理事の太田 直樹 氏、元エストニア政府機関e-Residency戦略アドバイザー・一般社団法人デジタルアイデンティティ推進コンソーシアム理事/xID株式会社代表取締役CEOの日下光を迎え行われた。セミナーの中では、「デジタルが導く地方創生の未来」をテーマに、今後のキーワードとなるであろう「規制改革」「ライフスタイル変革」「デジタル基盤の整備

          ウェビナー「デジタルが導く地方創生の未来」レポート

          【第2弾】「マイナちゃんピオンシップ・かがわ2022ーマイナンバーカード利活用アクセラレーションプログラムー」オープニングイベント」参加レポート

          「マイナちゃんピオンシップ・かがわ2022ーマイナンバーカード利活用アクセラレーションプログラムー」とはマイナンバーカードが持つ本人確認・認証機能を、デジタル社会の基盤として徹底的に利活用し、行政サービスだけでなく、民間ビジネスの様々な局面での利用を進めるため、香川県及び県内全17市町の主催により、開催されたイベント。 香川県では、全国に先駆け『マイナンバーカードの使い道』をテーマに、マイナンバーカードを利活用したサービスの開発アイデアを広く募集する本プログラムを実施しまし

          【第2弾】「マイナちゃんピオンシップ・かがわ2022ーマイナンバーカード利活用アクセラレーションプログラムー」オープニングイベント」参加レポート